コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原百助 くりはら ももすけ

2件 の用語解説(栗原百助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原百助 くりはら-ももすけ

1788-1826 江戸時代後期の武士。
天明8年生まれ。丹後(京都府)宮津藩士。文政5年同藩の重税に反対する一揆(いっき)がおきたとき,父理右衛門とともに領民の意をくんで収拾をはかる。事件後,反対派によって幽閉されるが,江戸の藩主本庄宗発(むねあきら)にうったえようと脱出。途上の近江(おうみ)(滋賀県)の八幡で追っ手に追いつかれ,文政9年2月16日切腹した。39歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

栗原百助

没年:文政9(1826)
生年:天明8(1788)
江戸後期の丹後国(京都府)宮津藩の武士。父栗原理右衛門と共に同藩の文政5(1822)年一揆の鎮圧の任に当たるが,農民の要求を容れるべく努める。事件後,藩に幽閉の身となったが脱出。江戸に出て藩主に訴えようとし,途中近江八幡まできて追っ手に追及され切腹した。<参考文献>『丹後史料叢書』1巻

(藪田貫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗原百助の関連キーワード岡田子明片山辰世鈴木春波鈴木宗休高田亘土屋虎松寺山吾鬘長屋藤兵衛柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone