コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半切り ハンキリ

デジタル大辞泉の解説

はん‐きり【半切り】

はんきりがみ」の略。

はん‐ぎり【半切り】

(「半桶」「盤切」とも書く)たらいの形をした底の浅い桶。はんぎれ。
能装束で、袴(はかま)の一。形は大口袴に似て、金襴(きんらん)緞子(どんす)などに金や銀で大柄な模様を織り出したもの。神・鬼・武将など強い役に用いる。はんぎれ。
歌舞伎衣装の一。広袖で丈が短い上衣。主に荒事役に用いる。はんぎれ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんきり【半切り】

杉原紙を横に半分に切ったもの。主に書状に用いる。また、書簡用の、縦が短く横に長い和紙。はんきれ。半切り紙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

はんぎり【半切り】

たらいの形をした浅い桶。◇「半桶」「盤切」と書くこともある。特にすし飯を作るのに用いるものは「飯切」とも書き、また「すし桶」ともいう。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半切り
はんきり

半切り紙の略。もとは、杉原紙などを横に半分に切って書簡用紙にしたものをいったが、寛文(かんぶん)年間(1661~1673)にはとくにこの形に漉(す)いたり、あるいは継ぎ合わせて巻紙としたものを一般に半切りといった。縦約17センチメートル、横約45センチメートルの大きさで、榎本其角(えのもときかく)の『俳諧錦繍段(はいかいきんしゅうだん)』に「半切の文の長さを飛んで読む」などとあり、江戸時代後期には全国各地で漉かれた。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

半切りの関連キーワード半切り・半桶・盤切切り紙・切紙歌舞伎衣装菖蒲池古墳絵半切り鼠半切り半切り紙たらい因州紙お節介手紙台金襴緞子生酛栗形状紙手紙巻紙ナシ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半切りの関連情報