コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗本宗清 くりもと そうせい

2件 の用語解説(栗本宗清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗本宗清 くりもと-そうせい

?-? 戦国時代の蒔絵(まきえ)師。
幸阿弥宗金の3男で,宗正・宗伯の弟といわれる。分家して栗本と称し,当代の名手として享禄(きょうろく)(1528-32)のころ活躍したが,たしかな作品はつたわらない。幸阿弥長清(ちょうせい)の子を養子(栗本幸阿弥)として家をつがせた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

栗本宗清

生年:生没年不詳
室町後期の蒔絵師。幸阿弥家3代宗金の3男で,4代宗正,5代宗伯の弟。分家して栗本を称する。今日,宗清作と確認できる作品は伝わっていないが,軽妙な筆致による蒔絵を得意とし,幸阿弥家の蒔絵師のなかでも名手と評されたという。なお,宗清の跡は幸阿弥家6代長清の子が継いで栗本幸阿弥を名乗り,本家同様,徳川幕府お抱えの蒔絵師を勤めた。<参考文献>『幸阿弥家伝書』,風俗絵巻図書刊行会編『蒔絵師伝・塗師伝』

(小松大秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone