コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸阿弥長清 こうあみ ちょうせい

1件 の用語解説(幸阿弥長清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸阿弥長清 こうあみ-ちょうせい

1529-1603 戦国-織豊時代の蒔絵(まきえ)師。
享禄(きょうろく)2年生まれ。幸阿弥宗伯の長男。幸阿弥家6代。永禄(えいろく)3年13代将軍足利義輝(よしてる)の命により正親町(おおぎまち)天皇即位の蒔絵調度品をつくる。天正(てんしょう)11年には宮中の調度品に蒔絵をほどこし,豊臣秀吉から天下一の称号をうけた。法橋。慶長8年4月26日死去。75歳。京都出身。通称は四郎左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の幸阿弥長清の言及

【幸阿弥家】より

…室町後期から江戸時代を通じて,時の為政者に仕え,常に主流的な位置にあった蒔絵師の家系。初代道長(1410‐78)は本名土岐四郎左衛門道長といい,近江国栗本郡を領した足利義政の近習であった。のち蒔絵を習って上手になり蒔絵師として将軍家に仕え,入道して幸阿弥と称した。能阿弥,相阿弥,土佐光信の下絵を用い,高蒔絵や研出蒔絵の精巧な作品を制作した。2代道清(1433‐1500)は,道長の長子。1465年(寛正6)に義政の命で後土御門天皇即位の調度に蒔絵を施し,法橋に叙された。…

※「幸阿弥長清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

幸阿弥長清の関連キーワードタナサカシタナサカシ牛久保城エリザベス徳川家康ジェームズ[1世]横田村詮エリザベス徳川家康スチュアート朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone