コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株主反革命 かぶぬしはんかくめい

百科事典マイペディアの解説

株主反革命【かぶぬしはんかくめい】

1960年代後半からのコーポレート・ガバナンスにおける株主の力の増加をいう。監査役制度の充実や情報開示の強化などにより経営者をチェックする。それ以前は所有と経営の分離により,株主の権限は弱かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

株主反革命の関連キーワード分離

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android