株主権利確定配当(読み)かぶぬしけんりかくていはいとう

ASCII.jpデジタル用語辞典「株主権利確定配当」の解説

株主権利確定配当

株式を所有することで、利益配当権に基づいて株主として企業から受けることのできる利益分配のこと。権利確定する決算時に一株あたりの配当金として分配される。一般的な決算期末時の「普通配当」や大幅に増益したさいに配当金を増額する「特別配当」、創立記念や上場を記念して増額する「記念配当」などがあるが、いわゆる「中間配当」は、法律上は配当には当たらず、利益配当の後払いと言える。現金で配当される以外に、当該企業の株式でまかなう株式配当などもしばしば見られる。業績や資本体質が良いにもかかわらず配当金の割合が不当に少ない企業は、M&Aの対象となることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android