株価収益率 PER

人材マネジメント用語集「株価収益率 PER」の解説

株価収益率 PER

・price earnings ratio:PER 株価収益率
PER=株価÷EPS EPS=税引き後当期利益÷発行済み株式数
・PERとは株価をEPS(earnings per share:一株当り利益)で割った指標であり、
株価が一株当たりの利益の何倍あるか、つまり現在の株価が一株当り利益の何年分に
相当する価格になるのかを示す指標である。
・株式投資を行う際の一つの基準値として、日本においては広く活用されている。
・PERが高いほど、利益に比べ株価が割高であり、逆に低ければ利益に比べ株価が割
安であることになるが、一概にどのくらいのPERが適当かについての基準は無い。
・このためPERは、同業他社との比較等を踏まえて総合的に判断する必要がある。
・例えば、PERが同業他社や業界水準に比べて高くても、分母である一株当りの利益
が、同業他社に比べ今後高い成長が見込まれるなら妥当性があると考えられる。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android