コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式交付費 かぶしきこうふひ

1件 の用語解説(株式交付費の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

株式交付費
かぶしきこうふひ

新株の発行または自己株式の処分にかかる費用。株券や目論見書などの印刷費のほか,株式募集のための広告費,金融機関証券会社の取扱手数料,変更登記のための登録免許税,その他株式の交付などのために直接支出した費用をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式交付費の関連キーワード金庫株権利株自己株式エクイティーファイナンス幽霊株後処理費用新株発行費公募発行額面増資自己株式の取得と保有

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone