コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式併合 かぶしきへいごう

3件 の用語解説(株式併合の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

株式併合

既存の数個の株式を1株に統合することにより、発行済み株式数を減らす方法。例えば、2株を1株に併合すると(併合比率2対1)、発行済み株式数は半分になるとともに、理論価格は2倍になる。理論上、株式併合自体は株式価値に影響を及ぼさない。2001年の商法改正により、単位株制度が廃止され、単元株制度が新たに導入されるなど、株主制度の自由度が高まった。株式併合をめぐる法制度も規制緩和が行なわれた。株式併合を必要とする理由を開示して、株主総会特別決議による承認を得れば、様々な目的で実施することが可能となった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

株式併合

複数の株式を1株に統合し、発行済み株式数を減らす方烹10株を1株に併合した場合、1株の株価は理論上10倍になる。1株に満たない「端株」の株主が増えるため従来は利用が厳しく制限されていたが01年の商法改正など規制緩和で幅広く認められるようになった。新興企業を中心に利用が増えている。

(2007-11-20 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

株式併合

既存の数個の株式を1株に統合することにより、発行済み株式数を減らす方法。たとえば、2株を1株に併合すると(併合比率2対1)、発行済み株式数は半分になるとともに、理論価格は2倍になる。理論上、株式併合自体は株式価値には、影響を及ぼさない。ただし、株式併合は1株に満たない端株主を増やすなど株主の利益に重大な影響を与えるので、2001年の商法改正以前は、原則として株式併合を禁止し、例外的に資本減少など一定の目的の場合にのみ認められていた。米国では、1990年代の株価上昇局面で、個人投資家株式投資を促進するために、株式分割を積極的に行い、株価を引き下げた。しかし、2000年以降、株価が低迷すると、逆に、株式併合する企業が増加している。日本では、2001年の商法改正により、単位株制度が廃止され、単元株制度が新たに導入されるなど、株主制度の自由度が高まっている中、株式併合をめぐる法制度も規制緩和が行われた。具体的には、株式併合を必要とする理由を開示して、株主総会の特別決議による承認を得れば、さまざまな目的で実施することが可能となった。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式併合の関連キーワード合併比率株式移転人的分割単元株インテグレーション水平的統合貸株統合比率ビナイン・データ株式の希薄化

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

株式併合の関連情報