コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栴檀は双葉より芳し センダンハフタバヨリカンバシ

デジタル大辞泉の解説

栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し

白檀(びゃくだん)は発芽のころから香気を放つ。大成する人は幼少のときからすぐれているというたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんだんはふたばよりかんばし【栴檀は双葉より芳し】

〔栴檀 は発芽したばかりの二葉の頃から早くも香気を放つ意〕
俊才は子供のときからすぐれていることのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栴檀は双葉より芳しの関連キーワードセンダン(栴檀)栴檀・楝白檀二葉栴檀俊才