白檀(読み)ビャクダン

デジタル大辞泉の解説

びゃく‐だん【白×檀】

ビャクダン科の半寄生性の常緑小高木。高さ3~10メートル。幹は直立して分枝し、葉は長卵形で先がとがる。花は鐘形で円錐状につき、黄緑色から紫褐色に変わる。果実は丸く、紫黒色に熟す。材は黄色がかった白色で強い香りがあり、仏像・美術品・扇子や線香などに使うほか、白檀油をとり香料にする。インド・東南アジアに産する。栴檀(せんだん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びゃくだん【白檀】

ビャクダン科の半寄生常緑高木。インドから東南アジアにかけて産し、約20種がある。心材は淡黄色で堅く芳香があり、仏像や扇の材として珍重される。細片は香にし、また白檀油を得る。 〔「栴檀せんだんは双葉より芳かんばし」の栴檀は白檀のこと〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白檀 (ビャクダン)

学名:Santalum album
植物。ビャクダン科の常緑半寄生高木,園芸植物,薬用植物

白檀 (ビャクダン)

学名:Chamaecereus silvestrii
植物。サボテン科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白檀の関連情報