核不使用声明(読み)カクフシヨウセイメイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

核不使用声明
かくふしようせいめい

完全な核兵器廃絶を訴えた共同声明。2013年4月、スイスのジュネーブで開催された核不拡散条約NPT)再検討会議の準備会合で南アフリカ共和国の提案によりまとめられ、発表された。核兵器使用は人道上、破滅的な結果を招くとして、「いかなる状況下でも核兵器がふたたび使用されないことが人類の共存のためになる」などの主張が記されており、70か国以上が賛同した。しかし日本政府はアメリカの核の傘を安全保障上の抑止力として活用していることもあり、声明に賛同しなかった。この日本政府の姿勢に対し、被爆者団体や広島市などが反発しただけでなく、海外の市民団体も抗議の声をあげた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android