核分裂しきい値(読み)かくぶんれつしきいち(英語表記)threshold energy of fission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核分裂しきい値
かくぶんれつしきいち
threshold energy of fission

原子核に中性子そのほかの粒子あるいは光子を入射させて核分裂が起こるとき,核分裂を起こしうる最小の入射エネルギー。中性子による核分裂では,ウラン 233,ウラン 235,トリウム 239のしきい値は0で熱中性子により核分裂が起こるが,ウラン 238では 35万 eV (電子ボルト) ,トリウム 232では 110万 eVで,これ以上のエネルギーをもった中性子が入射しなければ,核分裂は起こらない。そのほかの粒子または光子に対しても同様にしきい値がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android