核分裂しきい値(読み)かくぶんれつしきいち(英語表記)threshold energy of fission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子核に中性子そのほか粒子あるいは光子を入射させて核分裂が起こるとき,核分裂を起こしうる最小の入射エネルギー。中性子による核分裂では,ウラン 233,ウラン 235,トリウム 239のしきい値は0で熱中性子により核分裂が起こるが,ウラン 238では 35万 eV (電子ボルト) ,トリウム 232では 110万 eVで,これ以上のエネルギーをもった中性子が入射しなければ,核分裂は起こらない。そのほかの粒子または光子に対しても同様にしきい値がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android