核爆発探知(読み)かくばくはつたんち(英語表記)nuclear explosion detection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核爆発探知
かくばくはつたんち
nuclear explosion detection

各国で秘密裏に行われる核兵器の実験爆発を国外から探知すること。探知の目的は,純軍事的な面もあるが,軍備管理上の査察手段としても重要である。地上,空中,水中,大気圏外の爆発は,核分裂生成物などの浮遊塵や微気圧振動,水中音波,電磁波,イオン層を調べることでほぼ完全にわかる。地震とまぎらわしい地下核実験が問題で,国際的な協力で,震源の深さや振動波についての多数の資料が必要となる。低規模地下爆発の識別にはなお問題がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android