コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下核実験 ちかかくじっけん underground nuclear detonation

2件 の用語解説(地下核実験の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地下核実験
ちかかくじっけん
underground nuclear detonation

原子爆弾や水素爆弾などの核爆弾を地下で爆発させ,その性能などを調べる実験。地下実験を除く大気圏内,宇宙空間,水中での核爆発実験を禁止する部分的核兵器実験禁止条約の発効 (1963.10.10.) 以後は,加盟国は他に比べて放射性降下物による汚染の少ない地下爆発だけに実験をかぎるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちか‐かくじっけん【地下核実験】

地下で行う核実験。地中深く穴を掘り、その中で核弾頭を爆発させて性能を確かめるもの。
[補説]1963年のPTBT部分的核実験禁止条約)調印により、大気圏内・宇宙空間・水中での核実験が禁止されたが、地下空間は対象外となった。このため核開発の抑止力が弱いとして、国連総会は1996年、すべての核実験を禁止するCTBT包括的核実験禁止条約)を採択したが、一部の国の署名拒否などにより発効には至っていない。なお、米ソ間で調印されたTTBT地下核実験制限条約)では、150キロトンの爆発を超える地下核実験を禁止している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地下核実験の言及

【核実験】より

…1954年10月,インドのネルー首相が国連政治委員会で核実験休止協定を呼びかけて以来,この問題は国連の中でも重要な問題として検討されるようになった。 63年8月,米・英・ソ3国は〈部分的核実験停止条約〉(略称PTBT)に調印し,大気圏内,宇宙空間,水中での核実験は禁止されたが,地下核実験は抜け道として残され,その後は核実験の大部分は地下爆発で行われてきた。部分的核実験停止条約は,大気圏内の放射能を減らすことには役立ったが,核兵器の開発にも,また核実験の回数や威力に対しても,制限効果はまったくなかった。…

※「地下核実験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地下核実験の関連キーワード地下式横穴根切り穴蔵TTBT穴掘り墓穴を掘る棹掘り土棲蜂豊渓里大気圏内核実験

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地下核実験の関連情報