コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根南志具佐 ねなしぐさ

2件 の用語解説(根南志具佐の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ねなしぐさ【根南志具佐】

戯作。天竺てんじく浪人(平賀源内)作。五巻。1763年刊。地獄風景に事よせて遊里や芝居の世界を中心に当時の世相を描いたもの。69年「根無草後編」刊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねなしぐさ【根南志具佐】

談義本。天竺浪人(平賀源内)作。1763年(宝暦13)刊。5巻。平賀源内の最初の小説で,彼は2年前浪人となった気安さから小説も書き出したと思われる。同年に俳優荻野八重桐隅田川で舟遊び中に溺死したという事件があり,これを基に書いたものである。地獄の閻魔(えんま)大王が俳優瀬川菊之丞にほれ,これを地獄に連れてくるよう竜王に命じる。竜王はその役目を河童に言いつけ,河童は若侍に変じて隅田川に舟遊び中の菊之丞に近づく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の根南志具佐の言及

【談義本】より

…《下手談義》は宝暦の世相を風刺した滑稽小説であるが,大きな反響を呼び,《教訓雑長持》《当風辻談義》などの後続作を生んだ。そして宝暦期の終りに平賀源内の《根南志具佐(ねなしぐさ)》《風流志道軒伝》の2作が出て,《下手談義》とともに〈宝暦始終の華なり〉(《古朽木》)と称賛された。明和期(1764‐72)に入ると,《当世不問語(とわずがたり)》《当世穴鑿穿(あなさがし)》《興談浮世袋》《当世穴噺》といった世間の“”をさがしこれを暴露する談義本が流行したが,これらには好阿・源内の影響が強く見られる。…

※「根南志具佐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

根南志具佐の関連キーワード源内焼志度風来六部集風流志道軒伝源内源内櫛志度焼天竺浪人談義物根無草

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone