天竺浪人(読み)てんじくろうにん

精選版 日本国語大辞典「天竺浪人」の解説

てんじく‐ろうにん テンヂクラウニン【天竺浪人】

[1] 〘名〙 (「天竺」は、「ちくでん(逐電)」の「ちく」と「でん」を逆にした語の当て字ともいう) 一定の住所がなく、流浪する人。やどなし。浮浪人
※仮名草子・犬枕(1606頃)「あさましき物 一 てんぢくらうにん」
※談義本・根無草(1763‐69)前「爰にとらず髪ゆはず、朽葉衣をのがれたる人あり。自ら天竺(テンヂク)浪人と称す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天竺浪人」の解説

てんじく‐ろうにん〔テンヂクラウニン〕【天×竺浪人】

《「逐電ちくでん浪人」の「ちく」と「でん」を逆にした語の当て字という》住所不定で流浪する人。
なんぞは―で駄法螺だぼらを吹いて」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天竺浪人の言及

【平賀源内】より

…江戸中期の博物学者,戯作者,浄瑠璃作者。名は国倫(くにとも),号は鳩渓,風来山人,福内鬼外(ふくうちきがい),天竺(てんじく)浪人など。高松藩の足軽の子。…

※「天竺浪人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android