コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根取 ねとり

大辞林 第三版の解説

ねとり【根取】

江戸時代、検地によって定められた石盛こくもりに年貢率を乗じて算出した、反当たりの年貢高。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の根取の言及

【反取】より

検見(けみ)により取米の多少に従って1反当りの上中下の租率を定め,それに全反別を乗じて租額を決定する方法をいう。その租額を根取または根取米と称した。根取はもと村高をさしていたが,江戸時代に貢租が籾納から米納に代わって根取の意味も変化したようである。…

※「根取」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根取の関連キーワードノールトホラント州オプション取引オプション船木甚兵衛畝引検見江戸時代有毛検見田園類説垣塚東皐根取り検地反取年貢

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android