コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下下 ゲゲ

デジタル大辞泉の解説

げ‐げ【下下】

身分の低い者。しもじも。〈日葡
非常に劣っていること。下の下。
「―の下の客と言はれん花の宿/越人」〈曠野
しもじもの者の履物。わら草履。
「馬にも乗らず、―をはき」〈平家・九〉

した‐じた【下下】

身分の低い人々。また、役人でない、一般の人々。しもじも。
配下の人々。部下。奉公人。
「―に微塵(みぢん)姿を見せ給はぬ娘達にも」〈浮・禁短気・三〉

しも‐じも【下下】

身分や地位の低い人々。庶民

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げげ【下下】

きわめて程度が低いこと。最下等。下の下。 「 -も- -の下国の涼しさよ/七番日記」
身分の低い者。しもじも。 「 -のたやすく参る所ではないぞ/咄本・昨日は今日」
(下々の者の履いたことから)藁わら草履。 「馬にものらず-をはき/平家 9
[句項目] 下下の下

したじた【下下】

( 名 )
かみに対して一般の人。身分の低い人々。下方したかた。しもじも。 「 -の難儀」
部下の者ども。配下。 「世間へ沙汰することなかれと、-の口を閉ぢて/浮世草子・永代蔵 1
( 副 )
へりくだるさま。 「何所までも悪丁寧に-と出て/南小泉村 青果

しもじも【下下】

身分・地位などの低い人々。一般庶民。したじた。 「 -の事情に通じている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下下の関連キーワードノンフィクション四条宮下野多治比広成上坂 熊勝西郷 隆盛西郷小兵衛会沢正志斎男谷精一郎松平忠吉浮世草子下下の下小丸山城南小泉村宇津峰城藤原秀郷下品下生九品往生木賀温泉源義朝滝山城