根岸 武香(読み)ネギシ タケカ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

根岸 武香
ネギシ タケカ


肩書
貴院議員

別名
通称=根岸 伴七(ネギシ バンシチ)

生年月日
天保10年5月15日(1839年)

出生地
武蔵国大里郡吉見村胄山(埼玉県)

経歴
豪農根岸友山の子。平田篤胤に入門、さらに国学を安藤野雁に、漢学を寺門静軒に、剣道を千葉周作に学ぶ。維新の際は父と共に上洛して国事に奔走し、父の禁錮後はその釈放につとめた。明治3年弾正台巡察属に任じ、10年埼玉県八等属、のち埼玉県会議長となり、27年勅選貴院議員。考古学研究家でもあって、遺跡、遺物の研究保存に尽力し、吉見百穴地域の開拓者として有名である。また明道社を組織し、神道国教化を主張した。著書に「日本古印譜」「皇朝泉貸志」などがある。

没年月日
明治35年12月3日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android