根岸正吉(読み)ねぎし しょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根岸正吉 ねぎし-しょうきち

1892-1922 大正時代の詩人,社会運動家。
明治25年生まれ。社会主義運動に共鳴し,工場ではたらきながらN.正吉の名で「新社会」などに詩を発表。大正9年日本社会主義同盟の結成に参加した。大正11年11月12日死去。31歳。群馬県出身。伊勢崎工業卒。詩集に「どん底で歌ふ」(共著)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる