コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根岸涼宇 ねぎし りょうう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根岸涼宇 ねぎし-りょうう

1732-1794 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)17年生まれ。武蔵(むさし)青梅(おうめ)(東京都)の豪農。涼袋(建部綾足(たけべ-あやたり))に入門し,その没後吸露庵2代を名のる。寛政5年ごろ京都二条家から花の下(はなのもと)宗匠の称号をゆるされた。寛政6年11月5日死去。63歳。名は保固。別号に黄橘,風後。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

根岸涼宇の関連キーワード知識学ロベスピエール山科別院筒井村作兵衛若林強斎ワシントン山科別院山科本願寺アダム[兄弟]バドリー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android