格技(読み)かくぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

格技
かくぎ

相対した2名の競技者が投・打・突・蹴などの技をかけ合い,その優劣を競う競技の総称相撲柔道空手合気道レスリングなど徒手で行うもの,剣道フェンシングなぎなたなど用具を用いるものに大別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かくぎ【格技】

一対一で組み合ったり、手足で打ち合ったりして、勝負を決する競技。相撲・柔道・レスリング・ボクシングなど。格闘技。体技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の格技の言及

【柔道】より

…大会は対校試合だけでなく,1924年に明治神宮体育大会柔道大会として個人試合が行われ,30年には第1回全日本柔道選士権大会(48年,全日本柔道選手権大会と改称)が開催された。
[国内普及と海外発展]
 第2次世界大戦後,柔道普及の中心であった学校柔道が禁止されたが,1950年に中学校選択教材として復活が認められ,58年中学校学習指導要領では相撲,剣道とともに格技として位置づけられ,現在では中学校,高校で正課体育のなかに採用されている。また修行者の数も急激に増加し,全国的な統轄団体として1949年に全日本柔道連盟が結成され,続いて全日本学生柔道連盟,高等学校体育連盟柔道部や全日本実業団柔道連盟が結成された。…

【武道】より

… 第2次大戦後,武道は国家主義的・軍国主義的性格をもつ教科内容として,その授業は中止された。しかし,50年中学校選択教材として柔道の復活が認められ,57年には剣道が復活し,58年の中学校学習指導要領では,相撲,柔道,剣道を格技として位置づけ,いずれか一つを選択履修することが定められ,現在に至っている。64年のオリンピック東京大会において柔道が競技種目に加えられ,また世界選手権大会が毎年開催されるようになったこともあって,とくに柔道はインターナショナルなスポーツの一つとしての発展をとげつつあるのが,今日の趨勢である。…

※「格技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

格技の関連情報