徒手(読み)としゅ

精選版 日本国語大辞典「徒手」の解説

と‐しゅ【徒手】

〘名〙
① 手に何ももたないこと。すで。からて。てぶら。赤手(せきしゅ)空手(くうしゅ)徒手空拳
兵範記‐仁平二年(1152)二月二〇日「次公卿以下置笏於左方手礼拝三度」 〔蘇轍‐捕観漁詩〕
② 自分の力以外に一切よりどころのないこと。地位資本などのないこと。
青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「徒手(トシュ)遊食を誇として居る者が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android