桂宮宜仁親王(読み)かつらのみやよしひとしんのう

知恵蔵miniの解説

桂宮宜仁親王

日本の皇族三笠宮崇仁親王(みかさのみやたかひとしんのう)と同妃百合子の第二男子で、明仁天皇陛下の従弟。1971年に学習院大学を卒業後、オーストラリア国立大学大学院に留学。帰国後、74年から85年までNHKに嘱託として勤務した。88年1月に三笠宮家から独立し、戦後3番目の宮家となる桂宮家を創設。同年5月に急性硬膜下血腫で倒れて以降は運動機能に障害を抱えながらも車いすで公務を務めた。2008年に敗血症を患ってからは入退院を繰り返し、闘病生活を送っていたが、2014年6月8日、急性心不全のため逝去。享年66。逝去時の皇位継承順位は第6位。

(2014-6-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂宮宜仁親王 かつらのみや-よしひとしんのう

1948-2014 昭和後期-平成時代,三笠宮崇仁(たかひと)親王の第2王子。
昭和23年2月11日生まれ。オーストラリアに留学,帰国後NHKにつとめる。昭和63年独身皇族として桂宮家を創立。脳血管障害でたおれたがリハビリをつづけ,一部公務に復帰した。日・豪・ニュージーランド協会総裁などをつとめた。平成26年6月8日死去。66歳。学習院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android