コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笠宮崇仁 ミカサノミヤタカヒト

3件 の用語解説(三笠宮崇仁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みかさのみや‐たかひと【三笠宮崇仁】

[1915~ ]大正天皇の第4皇子。幼名、澄宮(すみのみや)。昭和10年(1935)三笠宮家を創立。古代オリエント史を研究。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三笠宮崇仁【みかさのみやたかひと】

大正天皇の第4子。幼称澄宮。1935年宮家創立。戦後東大でヘブライ史を専攻。日本オリエント学会名誉会長。
→関連項目三笠宮寛仁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三笠宮崇仁
みかさのみやたかひと
(1915― )

皇族。大正天皇の第4男子。大正4年12月2日生まれ。幼称は澄宮(すみのみや)。幼年時代はその詩作で「童謡の宮様」とよばれた。1935年(昭和10)三笠宮家を創立。陸軍士官学校48期。陸軍大学校卒業。第二次世界大戦中は支那(しな)派遣軍参謀などの軍職にあった。この間、1941年に子爵高木正得次女百合子(ゆりこ)と結婚。戦後、東京大学史学科の聴講生となり古代オリエント史の研究を始める。歴史学者としての立場から紀元節復活反対の意志表明を行ったり、歴史学研究会会員として活動するなど、自由で進歩的な態度が注目された。日本オリエント学会名誉会長、日本レクリエーション協会総裁、中近東文化センター総裁などを務めた。著書に『帝王と墓と民衆』(1956)、『古代オリエント史と私』(1984)、訳書にJ・フィネガン『考古学から見た古代オリエント史』(1983)などがある。長男は寛仁(ともひと)(1946―2012)、次男は桂宮宜仁(かつらのみやよしひと)(1948―2014)、三男は高円宮憲仁(たかまどのみやのりひと)(1954―2002)。[小田部雄次]
『三笠宮崇仁著『古代オリエント史と私』(1984・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三笠宮崇仁の関連キーワード大正高松宮秩父宮三笠宮皇子弟媛(2)九条道実国背別皇子慶子内親王箭田珠勝大兄皇子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三笠宮崇仁の関連情報