コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川甫筑(4) かつらがわ ほちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川甫筑(4) かつらがわ-ほちく

1767-1827 江戸時代後期の医師。
明和4年生まれ。寛政5年(1793)桂川家の養子となり,5代をつぐ。幕府の奥医師をつとめた。のち法眼(ほうげん)。文政10年5月28日死去。61歳。本姓は多紀。名は国宝(くにとみ)。字(あざな)は孟春。通称は別に甫謙,甫周。号は柳窓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂川甫筑(4)の関連キーワードプリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)麻田剛立桂川甫筑川崎定孝古都アユタヤアユタヤ朝曲亭馬琴ワットプラマハタート