コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川甫策 かつらがわ ほさく

1件 の用語解説(桂川甫策の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川甫策 かつらがわ-ほさく

1839-1890 幕末-明治時代の医師,化学者。
天保(てんぽう)10年生まれ。桂川甫賢の次男。桂川家8代。文久2年幕府の洋書調所手伝出役,のち開成所教授となる。維新後は大学南校教授,文部省翻訳官を歴任。「和蘭字彙(オランダじい)」の改訂・出版にもつくした。明治23年5月25日死去。52歳。江戸出身。名は国幹(くにもと)。字(あざな)は和春。号は淳斎。著作に「化学入門」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂川甫策の関連キーワードタンジマートドイツ映画造船業新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧荒木寛畝スミス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone