コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和蘭字彙 おらんだじい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和蘭字彙
おらんだじい

道富ハルマ』ともいう。江戸時代末期の蘭和辞典。 13巻。長崎出島のオランダ商館長 H.ドゥフが,F.ハルマの蘭仏辞典を参考にして長崎通詞らと協力して編纂し,文化 13 (1816) 年に成立した蘭和辞典『道訳法児馬 (どうやくはるま) 』は,写本として当時かなり流布した。これを『和蘭字彙』という題で安政5 (58) 年,桂川甫周が出版したもの。これよりも早く江戸でつくられた蘭日辞典が江戸ハルマ (→波留麻和解 ) と呼ばれるのに対して,長崎ハルマとも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オランダじい〔‐ジヰ〕【和蘭字彙】

蘭和辞典。桂川甫周(かつらがわほしゅう)が「ドゥーフハルマ」を校訂し、安政2~5年(1855~58)に刊行したもの。→ドゥーフハルマ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オランダじい【和蘭字彙】

蘭和辞典。写本で伝わっていた「ズーフ-ハルマ」を桂川甫周ほしゆうらが校訂して刊行したもの。1855~58年刊。 → ズーフ-ハルマ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和蘭字彙
おらんだじい

長崎のオランダ商館長ドゥーフは通詞(つうじ)数人と、フランソア・ハルマの『蘭仏辞典』によって蘭和辞典を編集(1810以後)したが(写本で、『道訳法爾馬(ドゥーフ・ハルマ)』とよばれている)、その草稿を幕命によって校訂した桂川甫周(かつらがわほしゅう)が、のちに官許を得て出版(1855~58)した刊本のことをいう。[彌吉光長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和蘭字彙の関連キーワード桂川甫周(2)道富波留麻広田憲寛桂川甫策ズーフ視覚旋風地球

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android