コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(2代) かつら ぶんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂文治(2代) かつら-ぶんじ

?-? 江戸時代後期の落語家。
初代桂文治の長男。桂派の祖となった父親の跡をつぎ,文政(1818-30)のはじめ2代文治を襲名大道具をつかった芝居噺(ばなし)で人気をえた。本名は文吉

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂文治(2代)の関連キーワード桂文楽落語家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android