桂文治(5世)(読み)かつらぶんじ[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(5世)
かつらぶんじ[ごせい]

[生]天保2(1831)
[没]万延2(1861)
落語家。3世文治の門人。通称尾張家峯松。2世桂文楽を経て万延2 (1861) 年5世襲名。美声で音曲噺が得意で,「大声の文楽」とあだ名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android