コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂文治(5世) かつらぶんじ[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂文治(5世)
かつらぶんじ[ごせい]

[生]天保2(1831)
[没]万延2(1861)
落語家。3世文治の門人。通称尾張家峯松。2世桂文楽を経て万延2 (1861) 年5世襲名。美声で音曲噺が得意で,「大声の文楽」とあだ名された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桂文治(5世)の関連キーワード落語家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android