コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラタマ ハラタマKoenraad Wouter Gratama

5件 の用語解説(ハラタマの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハラタマ(Koenraad Wouter Gratama)

[1831~1888]オランダの化学者・医学者。1866年(慶応2)招かれて来日し、長崎養生所付属の分析窮理所、江戸開成所、大阪舎密(せいみ)局で組織的に近代化学を教えた。1871年(明治4)帰国。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ハラタマ Gratama, Koenraad Wouter

1831-1888 オランダの化学者。
1831年4月25日生まれ。慶応2年(1866)来日し,長崎の精得館分析究理所で物理学と化学をおしえた。明治元年大阪舎密(セイミ)局の教頭となり,その開講講演は「舎密局開講之説」として刊行された。4年帰国。1888年1月19日死去。56歳。ユトレヒト大卒。著作に「理化新説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ハラタマ

没年:1888.1.19(1888.1.19)
生年:1831.4.25
幕末に来日したオランダ人化学者,陸軍軍医。日本の理化学教育の創始に貢献した。オランダのアッセンに生まれ,ユトレヒト大学を卒業し,自然科学と医学の学位を得た。慶応1(1865)年長崎養生所が精得館と改称,さらにそこから分析究理所が独立した際,その専任教師として慶応2年2月に来日した。同所では実験を取り入れた理化学教育を行い,その後江戸幕府の開成所に迎えられたが,維新期の混乱のため講義をなすことなく終わった。 明治新政府は明治1(1868)年大阪に舎密局を設けて理化教育を行うことにし,ハラタマを派遣して開校準備に当たらせた。2年5月その開講式が行われ,「舎密局開講之説」(『明治文化全集』27巻所収)と題する講演をした。同局においてオランダから届いた実験器具や薬品を用いた実験を指導し,その講義録『金銀精分』『理化新説』『試薬用法』などが訳出して出版された。しかし,当時の日本人学生のオランダ語学力や科学基礎知識の不足もあって,十分な成果をあげることなく,3年12月大阪を発って帰国した。代わってドイツリッテルがその後任となり,英語による講義をした。大阪舎密局はその後理学所,大阪開成所などと名称を変えつつ,のちの第三高等学校(京大)へと引き継がれた。<参考文献>芝哲夫「ハラタマと日本の化学」(『化学史研究』18号),岩田高明「大坂舎密局の消長」(井上久雄編『明治維新教育史』)

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハラタマ【Koenraad Wolter Gratama】

1831‐88
オランダの化学者。英語風にガラタマともいう。陸軍軍医。ユトレヒト大学で化学,医学を学び,幕府に招かれて来日。最初の理化学外人教師として,1866年(慶応2)長崎の精得館分析窮理所で教え,次いで67年幕命により,江戸の開成所教授となるが,ほどなく幕府が瓦解し,開成所が廃止され,ハラタマが本国から取り寄せた化学実験器具など182箱が,開成所内の土蔵に未開封のまま残った。明治新政府は,開成所の理化教場の設備を大坂に移し,68年(明治1)大坂舎密(せいみ)局を設立,ハラタマはその教頭に任ぜられ,翌年5月1日の開講式に,公開講義を行って,物理,化学の概要を歴史的に述べた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハラタマ【Koenraad Wouter Gratama】

1831~1888) オランダの化学者・医学者。1864年来日。71年帰国。長崎の分析究理所、江戸の開成所、大阪の舎密せいみ局で、日本の化学研究を指導。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ハラタマの関連キーワードハラタマウィルヘルムゴローニンメイランペドロ新居日薩トラップウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファント

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハラタマの関連情報