コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョードン Jaudon, Peyton

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジョードン Jaudon, Peyton

1831-1896 アメリカの教育者。
1831年5月21日生まれ。明治元年(1868)来日。外務省西洋語学所,学習院で英語,フランス語をおしえる。18年伊藤博文の清(しん)(中国)天津での交渉にロエスレルとともに随行。日本政府より勲四等をあたえられた。明治29年12月23日東京で死去。65歳。ルイジアナ州出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ジョードン

没年:明治29.12.23(1896)
生年:1831.5.21
明治期のお雇い外国人。アメリカ人。ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。明治1(1868)年来日,横浜のアメリカ系商会に就職。開成学校で英語を教えたらしいが不詳。4年5月から10年5月まで外務省雇。外務省西洋語学所英仏語教師として勤務,同所の文部省移管により6年6月から翻訳局に配属(岩倉使節随行説は事実無根)。10年6月から翌年6月まで華族学校(77年10月学習院となる)英仏語教師。11年7月から太政官雇となり,外国語往復書信の書写,起草,翻訳に従事。18年遣清特派全権大使伊藤博文にレースラーと共に随行。勤勉の故をもって勲4等(レースラーは勲2等)叙勲。同年12月太政官制廃止後は内閣官報局翻訳課に配属,28年12月退職,翌年東京で病没

(廣瀬靖子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ジョードンの関連キーワード没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョードンの関連情報