音曲噺(読み)おんぎょくばなし

精選版 日本国語大辞典の解説

おんぎょく‐ばなし【音曲噺】

〘名〙 話の効果として楽屋の三味線、鳴物をとり入れて演ずる落語。江戸時代、文化年間(一八〇四‐一八)、初代船遊亭扇橋が始めたといわれている。
※落語・猫の忠信(1897)〈六代目桂文治〉「音曲話(オンギョクバナシ)とても其(その)通り話の内に自然と音曲を遣(や)らんければならぬ様になりまするのが是れが音曲話で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんぎょくばなし【音曲噺】

落語の分類の一つ。落語の口演途中で,楽屋の三味線や鳴物を伴奏にして,演者自身の唄,または下座(げざ)の唄を入れて噺の進行を効果的にするスタイル。初代三笑亭可楽門下の初代船遊亭扇橋(?‐1829)を元祖としている。代表的な音曲噺としては,《稽古屋》《紙屑屋》《味噌蔵》《電話の散財》などがある。【興津 要】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android