桂禅尼(読み)かつらのぜんに

朝日日本歴史人物事典の解説

桂禅尼

生年:生没年不詳
鎌倉時代の公家の女性。法名は正定。太政大臣土御門定実の娘。嘉元1(1303)年父から,一期ののちはおいの土御門雅長に譲る条件で山城国東久世荘(京都市)などを譲られる。鎌倉末には公家社会でも家督の単独相続が出現し,女性の場合,他家への所領移転を防ぐため一期に限り相続が認められ,次の相続者まで決められるようになる。<参考文献>『久我家文書』,田端泰子『日本中世の女性』

(大石雅章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android