コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

案内広告 アンナイコウコク

3件 の用語解説(案内広告の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんない‐こうこく〔‐クワウコク〕【案内広告】

新聞や雑誌の、求人・求職や不動産売買、映画案内などに関する小型広告。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

案内広告
あんないこうこく

新聞、雑誌上で、求人、求職、不動産売買、映画案内、告知、営業、尋ね人など、主として個人が安い料金で利用できるように始められた小型広告。料金は1行単位で決められ、最低は1段組み2行から掲載される。アメリカでは案内広告から普通広告へと発展してきているが、日本で案内広告欄が設けられたのは1898年(明治31)のことである。このとき最低行数を3行としたことから現在でも三行広告とよばれる。なお、ラジオテレビなどでコマーシャル(CM)を連続的に放送する特定時間帯を案内広告(ガイドタイム)とも称する。[島守光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

案内広告の関連情報