コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐原城 きりはらじょう

1件 の用語解説(桐原城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

きりはらじょう【桐原城】

長野県松本市にあった山城(やまじろ)。1460年(寛正1)ごろに、小笠原清宗に属した桐原真智(犬甘(いぬかい)城主の犬甘政徳の弟)により築かれたとされている。小笠原氏に属した城の中で、とりわけ規模が大きく、石組みの技法を駆使した大規模な石垣のあった城郭である。1550年(天文19)、甲斐の武田晴信武田信玄)は小笠原長時の属城を次々と攻撃したが、林城(同市)、深志城(同市、のちの松本城)、岡田城(同市)、山家城(同市、中入城とも)とともに自落した。長時は村上義清の塩田城に逃れ、周辺の諸城の城主が次々と武田氏に降伏する中、桐原城の桐原氏は長時に忠誠をつくし、一時期長時を城に迎えた後、村上吉清を頼ったといわれる。小笠原長時とその勢力をくだした武田勢は深志城に入城し、晴信は同城を武田氏の拠点として馬場信房、日向是吉を城将とした。このとき、桐原城は遠山長左衛門に与えたとする伝承があるが定かではない。そのまま廃城になった可能性もある。城跡には現在、石垣、土塁などの一部の遺構が残っている。JR篠ノ井線大糸線、松本電鉄松本駅から徒歩約60分(登城口まで)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桐原城の関連キーワード平山城松本大学亀山城島島井上百貨店今井恵みの里風穴の里松本市アルプス公園小鳥と小動物の森長野銀行アスピア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone