コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上義清 むらかみ よしきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上義清 むらかみ-よしきよ

1501-1573 戦国時代の武将。
文亀(ぶんき)元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)葛尾(かつらお)城主。北信濃を支配し,天文(てんぶん)17年(1548),19年の2度にわたり武田信玄の侵攻軍をやぶったが,22年城を脱出して上杉謙信をたよる。これを契機に5度にわたる川中島の戦いがおこった。元亀(げんき)4年1月1日死去。73歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

村上義清

没年:天正1.1.1(1573.2.3)
生年:文亀1(1501)
戦国時代武将。信濃国埴科郡の葛尾城(長野県坂城町)城主顕国の子(頼平の子とする説も有力)。幼名武王丸。左衛門佐,兵部少輔。川中島地方や佐久・小県地方に勢力を拡大しつつあったころ,武田信玄の信濃侵略が始まった。天文17(1548)年2月に信玄の軍を上田原(上田市)で破り,勢いに乗って勢力を拡大した。天文19年9月には戸石城で再度武田軍を破るが,翌年5月に同城を真田幸隆に攻め落とされてからは劣勢となる。天文22年4月武田勢に攻められて葛尾城を脱出し,再起を図ったが成功せず,越後の上杉謙信のもとに走った。これも永禄4(1561)年に起こった川中島合戦の原因のひとつとなっている。その後も旧領の回復を目指して戦うが果たせず,永禄8年越後頸城郡根知に移り病死した。信玄と戦ったことで人気が高いが,彼の出した文書はほとんど伝わっておらず,父親などに関して謎の多い人物である。<参考文献>水出熊雄『名将村上義清

(笹本正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらかみよしきよ【村上義清】

1501‐73(文亀1‐天正1)
戦国時代の武将。顕国の子で,信濃国埴科郡葛尾(かつらお)城主。1540年(天文9)武田信虎を撃退し,48年には上田原で晴信(信玄)の軍を破り,諏訪に出兵して武田氏の侵入を防いだが,53年4月信玄に葛尾城を攻略され,のち越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼った。謙信はしばしば信玄と戦ったが,ついに義清の本領復帰はならなかった。義清は謙信の配下となり,越後で没した。【笹本 正治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むらかみよしきよ【村上義清】

?~1573) 戦国時代の武将。信濃葛尾かつらお城主。武田信玄に敗れ上杉謙信を頼り武田・上杉両家抗争の因となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の村上義清の言及

【村上氏】より

…このため満信は信濃国人を糾合して守護使の入部を拒み,大塔(おおとう)(現,長野市篠ノ井)の地で守護軍を破った。 この戦い以後村上氏は信濃国守護と対抗しうる勢力を有し,応仁・文明の乱(1467‐77)を経,村上義清の代に至り,戦国大名への道を歩みはじめた。1541年(天文10)義清は小県(ちいさがた)郡の中央に勢力があった海野氏を攻略し,小県郡へ進出した。…

※「村上義清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村上義清の関連キーワード善光寺(山梨県)信州川中島合戦小山田信有川中島の戦小笠原長時板垣信形真田本城若神子城牧之島城横田高松葛山城青柳城桐原城平瀬城犬甘城塩田城福与城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村上義清の関連情報