コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原正望 くわばら まさもち

1件 の用語解説(桑原正望の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原正望 くわばら-まさもち

1807-1858 江戸時代後期の画家。
文化4年生まれ。駿河(するが)(静岡県)島田の人。勾田台嶺(まがた-だいれい)にまなび,山水画にたくみであった。のち更幽山房と名づけた祖先の旧居に退隠した。安政5年死去。52歳。字(あざな)は三五,民之。号は桂叢(けいそう)。父の桑原正瑞(まさみず)(芯堂(しんどう))は島田宿の名主で,文人として知られる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑原正望の関連キーワード梁川星巌安政の大獄並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記ジョンストン[島]鷹司輔煕

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone