コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桓仁 かんじん Huán rén

1件 の用語解説(桓仁の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんじん【桓仁 Huán rén】

現在は中国の遼寧省桓仁県の一帯,鴨緑江中流右岸域に注ぐ渾(こん)江の河辺にあたる地域。《三国史記》によると,高句麗の始祖朱蒙は,前37年に卒本川に至り都を定めようとしたが,宮室を作るひまなく,廬を沸流水上に結んで,国号を高句麗とし,4年後に〈城郭宮室を営作する〉とされている。また,広開土王碑文には,それに関連して,沸流谷忽本とみえる。先学によって,早くから,沸流水は渾江に,そして卒本あるいは忽本の城は五女山城それぞれ比定され,桓仁付近が高句麗前期の王都の所在地として推定されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桓仁の関連キーワード鴨緑江遼寧省鞍山鴨緑江節新義州丹東長白山中江遼寧奉天省公署

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桓仁の関連情報