コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井雪鮮 さくらい せっせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井雪鮮 さくらい-せっせん

1762-1804 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦12年生まれ。桜井雪館の甥(おい)。雪館の家をつぐ。幕臣。大番同心をへて,昌平黌(しょうへいこう)につとめる。桜花をえがき,252図からなる「花譜」をまとめた。文化元年11月11日死去。43歳。名は絢。字(あざな)は孟素。通称は政蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井雪鮮の関連キーワードピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)文化鶴屋南北岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)桃園天皇ビュート伯