コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井雪館 さくらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井雪館 さくらい-せっかん

1715-1790 江戸時代中期の画家。
正徳(しょうとく)5年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。江戸にでて雪舟流の画法を研究し,雪舟12代を自称した。雪館が弟子におしえた画の法則などは娘の桜井秋山によって記録され,安永5年ごろ「画則」として出版された。寛政2年2月21日死去。76歳。名は館。字(あざな)は常翁。別号に山興,雪志。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桜井雪館

没年:寛政2.2.21(1790.4.5)
生年:享保1(1716)
江戸中期の画家。水戸の人。江戸に出て雪舟の画蹟を研究し,雪舟12世を自称した。娘の雪保が記録した画論『画則』(1776)によって,雪舟流の画法を理論化,法則化し,保守的な立場から他派を論難している。

(佐藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

桜井雪館の関連キーワード桑山玉洲桜井雪鮮桜井雪保正徳鸞山月僊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android