コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井雪館 さくらい

3件 の用語解説(桜井雪館の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桜井雪館

江戸後期の画家。常陸生。名は館、字は常翁、山興・雪志と号する。画法は雪舟から出ており、人物画を能くする。寛政2年(1790)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井雪館 さくらい-せっかん

1715-1790 江戸時代中期の画家。
正徳(しょうとく)5年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。江戸にでて雪舟流の画法を研究し,雪舟12代を自称した。雪館が弟子におしえた画の法則などは娘の桜井秋山によって記録され,安永5年ごろ「画則」として出版された。寛政2年2月21日死去。76歳。名は館。字(あざな)は常翁。別号に山興,雪志。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桜井雪館

没年:寛政2.2.21(1790.4.5)
生年:享保1(1716)
江戸中期の画家。水戸の人。江戸に出て雪舟の画蹟を研究し,雪舟12世を自称した。娘の雪保が記録した画論『画則』(1776)によって,雪舟流の画法を理論化,法則化し,保守的な立場から他派を論難している。

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜井雪館の関連キーワード為笑江村春甫画猫道人篠嶋元琪春挙雪篷橘保国羽賀林真北幸劉安生

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone