コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜任蔵 さくら にんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜任蔵 さくら-にんぞう

さくら-じんぞう

桜任蔵 さくら-じんぞう

1812-1859 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化9年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藤田東湖にまなぶ。天保(てんぽう)15年謹慎処分をうけた藩主徳川斉昭(なりあき)の赦免運動につくす。のち斉昭から禄をうけ,西郷隆盛らと知りあう。安政の大獄で罪をとわれ,潜伏中の安政6年7月6日大坂で病没。48歳。本姓は小松崎。名は真金(まがね)。変名は村越芳太郎など。名は「にんぞう」ともよむ。
【格言など】故郷(ふるさと)の夢はみ雪に砕かれて枕に残る松風の音(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜任蔵の関連キーワード加藤木畯叟小林大茂

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android