桜煮(読み)サクラニ

大辞林 第三版の解説

さくらに【桜煮】

タコの足を薄く輪切りにしてたれ味噌で煮たもの。また、酒・味醂みりん・醬油で煮たもの。さくらいり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桜煮の言及

【タコ(蛸∥章魚)】より

…近世初頭の《料理物語》には,タコの料理として桜煎(さくらいり),駿河煮,なます,かまぼこの名が挙げられている。桜煎は足を薄切りにし,だし汁でうすめたたまりで煮るもので,のちには桜煮と呼んだ。駿河煮はタコをよく洗って,そのまま桜煎と同じように〈だしたまり〉に酢を加え,いぼが抜けるほどよく煮込むとされている。…

※「桜煮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android