コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田良佐 さくらだ りょうすけ

美術人名辞典の解説

桜田良佐

仙台藩の勤王家。名は迪、簡斎と号する。明治9年(1876)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田良佐 さくらだ-りょうすけ

1797-1876 江戸後期-明治時代の武士。
寛政9年生まれ。桜田虎門の甥(おい)。陸奥(むつ)仙台藩士。兵具奉行や藩校養賢堂の剣法指南役をつとめる。清川八郎らと親交があり,文久3年尊王攘夷(じょうい)を主張して禁固刑となる。維新後,藩の議事局議長,外事局長を歴任。明治9年10月4日死去。80歳。名は景迪(かげみち)。号は簡斎,済美。著作に「武芸新論」「論語私考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜田良佐の関連キーワード桜田済美明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android