コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田良佐 さくらだ りょうすけ

美術人名辞典の解説

桜田良佐

仙台藩の勤王家。名は迪、簡斎と号する。明治9年(1876)歿、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田良佐 さくらだ-りょうすけ

1797-1876 江戸後期-明治時代の武士。
寛政9年生まれ。桜田虎門の甥(おい)。陸奥(むつ)仙台藩士。兵具奉行や藩校養賢堂の剣法指南役をつとめる。清川八郎らと親交があり,文久3年尊王攘夷(じょうい)を主張して禁固刑となる。維新後,藩の議事局議長,外事局長を歴任。明治9年10月4日死去。80歳。名は景迪(かげみち)。号は簡斎,済美。著作に「武芸新論」「論語私考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone