コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田虎門 さくらだ こもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田虎門 さくらだ-こもん

1774-1839 江戸時代後期の儒者。
安永3年4月23日生まれ。陸奥(むつ)仙台で志村東嶼(とうしょ),江戸で服部栗斎(りっさい)にまなぶ。文化4年仙台藩儒官となり,江戸藩邸に順造館を創立。仙台にもどり,藩校養賢堂指南役をつとめるが,学頭大槻平泉と対立し,9年引退した。天保(てんぽう)10年10月3日死去。66歳。名は景質(かげかた)。字(あざな)は仲文。通称は周輔。別号に欽斎,鼓缶子(こふし)。著作に「近思録摘説」「日本史略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

桜田虎門 (さくらだこもん)

生年月日:1774年4月23日
江戸時代後期の儒学者
1839年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

桜田虎門の関連キーワード桜田良佐生年月日斎藤勝明新井剛斎若林友輔

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android