コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田虎門 さくらだ こもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田虎門 さくらだ-こもん

1774-1839 江戸時代後期の儒者。
安永3年4月23日生まれ。陸奥(むつ)仙台で志村東嶼(とうしょ),江戸で服部栗斎(りっさい)にまなぶ。文化4年仙台藩儒官となり,江戸藩邸に順造館を創立。仙台にもどり,藩校養賢堂指南役をつとめるが,学頭大槻平泉と対立し,9年引退した。天保(てんぽう)10年10月3日死去。66歳。名は景質(かげかた)。字(あざな)は仲文。通称は周輔。別号に欽斎,鼓缶子(こふし)。著作に「近思録摘説」「日本史略」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜田虎門の関連キーワード元素発見史(年表)ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)オブレノビチ家タンジマートショパン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone