桝形(読み)ますがた

日本大百科全書(ニッポニカ)「桝形」の解説

桝形
ますがた

城郭虎口(こぐち)に設けられた施設で方形の空間を石垣で囲み2つの門をつけたもの。虎口の最も発達した形態で、防御、攻撃の両面の機能を有するが、馬出(うまだし)よりは防御性が強い。2つの門は向きを直角にして設けられ、一般には外側の門を高麗(こうらい)門に、内側の門を櫓(やぐら)門にする。城郭外辺の内側に設けられたものを内桝形(うちますがた)、外側に突出して設けられたものを外桝形(そとますがた)という。なお、宿場町の入り口にも簡略な桝形がつくられた。

[藤川昌樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android