馬出(読み)うまだし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬出
うまだし

城門前の堀対岸に設けられた小さな郭(くるわ)。三方を土居によって囲まれ、人馬の出入りを秘匿するとともに虎口(こぐち)を防御する機能がある。桝形(ますがた)よりも攻撃性が強い。形態により角(かく)馬出と丸(まる)馬出とがある。[藤川昌樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬出の言及

【虎口】より

…木戸や矢倉を設けるだけのものから,前面に堀を設けて橋や坂で入る橋虎口や堀虎口,両脇の土塁を食違いにして直進を妨げる食違い虎口などが中世城郭でよく用いられた。中世末期に堀の外に小さな台場を張り出した馬出(うまだし)と,塁で囲んだ方形の空間をはさみこんだ枡形(ますがた)が考案され,近世城郭で完成した。発達した虎口ではいずれの形にせよ迂回・屈曲がみられる。…

※「馬出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬出の関連情報