桟俵法師(読み)さんだらぼうし

  • さんだらぼうし ‥ボフシ
  • さんだらぼうし〔ボフシ〕
  • さんだらぼっち
  • さんだわらぼうし サンだはらボフシ
  • 桟▽俵法▽師
  • 桟▽俵法師

精選版 日本国語大辞典の解説

※洒落本・廓胆競(1801)四「眼いりの黒丸(たどん)にさんだらほうしの黒やきをかぶせたといふつらだ」
〘名〙 (「さんだらぽっち」とも) 「さんだわらぼうし(桟俵法師)」の変化した語。
※落語・あばた会(1891)〈三代目三遊亭円遊〉「是から二階へ上がって見ると、サンダラポッチの敷物が敷いて」
〘名〙 「さんだわら(桟俵)」を人の名のようにいった語。さんだらぼうし。さんだらぼし。さんだらぼっち。
※俳諧・おらが春(1819)「瘡蓋(かさぶた)といふもの取れば、祝ひはやして、さん俵法師といふを作りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android