コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶町の大火 おけちょうのたいか

1件 の用語解説(桶町の大火の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おけちょうのたいか【桶町の大火】

1641年(寛永18)の江戸の大火。1月晦日,子(ね)の刻に京橋桶町1丁目より出火,烈風にあおられ,南は芝宇多川橋,東は木挽町海岸,北は御成橋,西は麻布まで延焼,97町,1924戸,うち大名および旗本屋敷121,同心屋敷56軒を焼き,数百人の焼死者を出して,同日戌(いぬ)の刻,ようやく鎮火した。将軍徳川家光もみずから江戸城の大手門に出て陣頭指揮をとり,諸大名も老中奉書を受け消火に当たったが,いかんともしがたく,江戸の大半を焼失する結果となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桶町の大火の関連キーワード泉岳寺明暦の大火天明の大火方角火消し文政の大火池田長常伊藤固庵金森頼直但唱遠山友貞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone