コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶町の大火 おけちょうのたいか

世界大百科事典 第2版の解説

おけちょうのたいか【桶町の大火】

1641年(寛永18)の江戸の大火。1月晦日,子(ね)のに京橋桶町1丁目より出火烈風にあおられ,南は芝宇多川橋,東は木挽町海岸,北は御成橋,西は麻布まで延焼,97町,1924戸,うち大名および旗本屋敷121,同心屋敷56軒を焼き,数百人の焼死者を出して,同日戌(いぬ)の刻,ようやく鎮火した。将軍徳川家光もみずから江戸城の大手門に出て陣頭指揮をとり,諸大名も老中奉書を受け消火に当たったが,いかんともしがたく,江戸の大半を焼失する結果となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

桶町の大火の関連キーワード火消

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android